Gucchi's Free School

日本未公開・未発売の映画DVDを紹介する情報サイト

Gucchi's Free School > 雑記 > フランス・修学旅行①

フランス・修学旅行①

こんにちは。グッチーズ・則定です。いまフランスにいます。フランス語を勉強するため、1月あたまからパリの語学学校に通っています。

最近生活に余裕が出てきたので2月半ばにしてやっと映画生活始めました。今回はその報告をします。

 

パリには映画館がごっそりあります。まじでごっそりあります。誇張ではなく、歩けば映画館に当たります。選びたい放題です。

しかもチケット代が安い。学割だと一本あたり7〜8ユーロで、あと、13時までに行くと6〜7ユーロになる午前中割があります。わたしは平日昼過ぎから授業なので、これは非常に有難いです。

わたしのお気に入りの映画館をふたつ紹介します。ひとつめは学校の隣にある映画館。
studiogalande

Studio Galande

支配人のおっちゃんと仲良くなりました。今日は2本観るよ、と言うと2本目をタダで見せてくれます。気さくで優しいおっちゃんです。どの作品の話しても「いい映画だよ」としか言わないけど。

ここは弐番館という感じ。バーホーベンの新作『ELLE』とか、韓国映画の『お嬢さん』はここで観ました。小さいけど、授業直前まで観れるので重宝してます。ちょっと椅子固いけど人少なくてのびのび観れるし、なによりおっちゃんの優しさには代え難い。ノートルダムの近くでアクセスもいいので、パリで弐番館探すならここをお勧めします。

 

さて、名画座に行きたいときはこっち。いままで見つけたなかで最強の映画館はここです。学校のシネクラブのシネフィルお姉さんに教えてもらいました。

laphilmogra

La Filmothèque du Quartier Latin

スクリーンがふたつあって、ひとつはいま1日中『ラブ・ストリームス』がかかってます。毎日。クレイジーかよ。

もうひとつのスクリーンではいま『ラ・ラ・ランド』公開記念としてミュージカル映画特集をしています。『雨に唄えば』『ブルース・ブラザーズ』『ファニー・フェイス』など良作がずらり。わたしは『バンド・ワゴン』と『オズの魔法使い』を見ました。最高ですよね。こんなの観たら、『ラ・ラ・ランド』観てないけど、観る前に満足しちゃうでしょ。いや、観てないんだけどね。ミュージカル特集のほかにはキューブリック特集やジム・ジャームッシュ特集、スコセッシ特集もやるようです。いいなあ。

『バンド・ワゴン』は平日の昼に観たけど、開館10分前に長い列が出来てました。やっぱり地元でも評判みたい。椅子ふかふかだし(重要!)何本でも観られそうです。シネフィルの聖地です。

 

フランスは週末になると多くのお店が閉まっちゃうこともあって、パリジャンはこぞって映画を観に行くようです。映画館激戦区のオデオンにふらっと立ち寄ったら、ひとつのシネコンに長蛇の列×3が出来ていて腰抜けて帰りました。それくらいパリでは映画が文化として根付いているんですね。いいなあ。パリで毎日映画観るだけの生活がしたいなあ。

 

パリには3月末までいる予定なので、せっかくだし映画いっぱい見たいと思います〜。パリの映画生活は超快適、という報告でした。また書きます。 À Bientôt!


MAIN ARTICLE

Killer of Sheep

スラム街に暮らす黒人たちの暮らしを鮮やかに描き、望まれながらも長らく劇場公開されなかった、黒人監督チャールズ・バーネットによる幻の傑作。 1970年代中頃、ロサンゼルスにあるワッツ地区。黒人たちが住むそのスラム街で、スタンは妻と息子、娘の4人で暮らしている。スタンは羊などの屠処理の仕事をし、一家は裕福ではなくても、それほど貧しくはない生活を送っていた。しかし仕事に励むなかで、日に日にスタンの精神は暗く落ち込み、眠れない日を送るなかで妻への愛情を表すこともしなくなっていた。 子供たちが無邪気に遊びまわっている街は、一方で物騒な犯罪が起き、スタンの周りの知人友人にも小さなトラブルは絶えない。 そんななか、家の車が故障したため知人からエンジンを買おうと出掛けるスタン。しかしエンジンを手に入れたスタンは、その直後思わぬ事態に見舞われるのであった……。

EVENTS

DIARY

REVIEWS

PUBLISHING