Gucchi's Free School

日本未公開・未発売の映画DVDを紹介する情報サイト

Gucchis Free School > イベント > イベント > 【青春映画学園祭】イベント情報第3弾

スクリーンショット 2016-05-01 3.00.08

【青春映画学園祭】イベント情報第3弾

未公開映画上映会イベント【Premiere Theater Academy (PTA) vol.2】のイベント情報をお伝えします。

上映作品『ビヨンド・クルーレス』『シスターフッド・オブ・ナイト 夜の姉妹団』に引き続き、青春映画学園祭の上映作品、第3弾を発表します。

その作品とは、ずばり……

『スラッカー(Slacker)』です!

image1

インディーズ映画の雄リチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで。』)が描くジェネレーションX青春映画です。

後世に絶大な影響を与え(とくにケヴィン・スミス)、のちに監督する事となる傑作『バッド・チューニング』の関連も随所に見て取れる90年代インディペンント映画の歴史的な一本!

ぜひご期待ください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

リチャード・リンクレイターが監督した『スラッカー』は、テキサスのオースティンに住む風変りな若者達の生活の一日を描いている。

16mmフィルムで撮影された本作の製作費はわずか3000ドル。

脚本家・プロデューサー・監督を務めたリンクレイターと撮影スタッフは、型通りの物語ではなく、魅力的な100以上のキャラクターを作り上げることを選んだ。

『スラッカー』は90年代アメリカのインディペンデント映画のキーとなる作品の1つである。

● 独創的で面白く、予想外で絶えず魅力的な作品である。/面白く、シュールで不可思議。時には恐ろしくさえある。――Washington Post

● 誰かのホームビデオを見ているようだが、用意周到な視点には不思議と説得させられる魅力がある。――Time Out

● 説明するのがほぼ不可能な映画。――Chicago Sun-Times

● この自由あふれる映画は、テーマを見つけたい一部の観客には優しくないが、リンクレイターのスマートな視点は大いに物語っている。――Empire online

● 『スラッカー』はニューヨーク映画祭やトロント映画祭には受け入れられなかったが、サンダンス映画祭では4回上映してくれた。1回目のお客さんはとても少なかったが、2回目は半分、3回目には満席になり、4回目は争奪戦だった。我々はリンクレイタ―の才能に賭けた事が間違いではなかったことに改めて気づかされた。――マイケル・バーカー(映画プロデューサー)

● 私は若手監督から送られてくる多くの手紙にはめったに返信しないが、何らかの理由でリンクレイタ―の処女作“It’s Impossible to Learn to Plow by Reading Books“は全編観て、熱烈な励ましの返事を書いた。彼は次の長編映画『スラッカー』の資金調達にこの手紙を役立てると言った。私はそれを誇りに思う。――モンテ・ヘルマン(映画監督)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

字幕:井上牧子

フリーランスの映像翻訳者(英日/仏日)として実績を上げるべく邁進中。
ご用命の際は、こちらにご連絡ください。
E-mail : macco77423●gmail.com ※●を@に変えて送信してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無題

<監督・脚本>

リチャード・リンクレイタ―

<撮影>

リー・ダニエル

<音楽>

デニス・モンゴメリー

<キャスト>

リチャード・リンクレイタ―

ケイシー・マッカートニー

ルディ・バスケス

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イベント詳細

【青春映画学園祭前夜祭】
会場:渋谷TOEI
日程:9月17日(土)
20:45 開場 21:00 開演
『スラッカー(Slacker)』
一般(当日券のみ):1,800円(当日20時より会場にて販売開始致します)
学園割:1,500円(年齢を問わず制服を着ている方、偽IDをお持ちの方限定)
<来場者プレゼントあり!>

【青春映画学園祭】
会場:ユーロライブ
日程:10月8日(土)・9日(日)
一般:1,500円(当日10時より、その日上映するすべての作品を同時に販売致します)
学園割:1,300円(年齢を問わず制服を着ている方、偽IDをお持ちの方限定)
1日目券:4,300円(雑誌兼パンフレット付き)
2日目券:3,000円(雑誌兼パンフレット付き)
全日券:6,800円(雑誌兼パンフレット付き)
※1日目券、2日目券、全日券は前売り券として渋谷TOEIで開催される前夜祭のみで販売致します(前売り券は数に限りがございます)

10月8日(土)
『タナー・ホール(Tanner Hall)』
10:50 開場 11:00 開演
『ハイスクール マリファナ大作戦(High School)』
13:00 開場 13:10 開演
『ビヨンド・クルーレス(Beyond Clueless)』
15:10 開場 15:20 開演
※上映後、山崎まどか氏(コラムニスト)、長谷川町蔵(ライター、コラムニスト)によるスペシャルトークショー(50分)

10月9日(日)
『ティーンエイジ(Teenage)』
10:50 開場 11:00 開演
『シスターフッド・オブ・ナイト 夜の姉妹団(The Sisterhood of Night)』
<先着プレゼントあり!>
12:40 開場 12:50 開演
※上映後、柴田元幸氏(翻訳家)による朗読会およびスペシャルトークショー(50分)
『特別上映』(詳細は近日中に発表致します)
15:55 開場 16:05 開演

————————————————————————————————————————————————–

また、青春&学園映画特集の冊子など鋭意制作中です。

まだまだ地道にコツコツと企画をつめて、イベント情報を更新していく予定なので、

温かく見守っていただけると幸いです!

お楽しみに!(応援していただけるとうれしいです!)

引き続き宣伝協力等していただける方も募集中です。ぜひともよろしくお願い致します。

 

 


MAIN ARTICLE

vlcsnap-2015-05-22-23h23m37s352

Killer of Sheep

スラム街に暮らす黒人たちの暮らしを鮮やかに描き、望まれながらも長らく劇場公開されなかった、黒人監督チャールズ・バーネットによる幻の傑作。 1970年代中頃、ロサンゼルスにあるワッツ地区。黒人たちが住むそのスラム街で、スタンは妻と息子、娘の4人で暮らしている。スタンは羊などの屠処理の仕事をし、一家は裕福ではなくても、それほど貧しくはない生活を送っていた。しかし仕事に励むなかで、日に日にスタンの精神は暗く落ち込み、眠れない日を送るなかで妻への愛情を表すこともしなくなっていた。 子供たちが無邪気に遊びまわっている街は、一方で物騒な犯罪が起き、スタンの周りの知人友人にも小さなトラブルは絶えない。 そんななか、家の車が故障したため知人からエンジンを買おうと出掛けるスタン。しかしエンジンを手に入れたスタンは、その直後思わぬ事態に見舞われるのであった……。

EVENTS

DIARY

REVIEWS

PUBLISHING