Gucchi's Free School

日本未公開・未発売の映画DVDを紹介する情報サイト

Gucchi's Free School > イベント > 「ほぼ丸ごと未公開! 傑作だらけの合同上映会」詳細決定!

「ほぼ丸ごと未公開! 傑作だらけの合同上映会」詳細決定!

お待たせいたしました!「ほぼ丸ごと未公開! 傑作だらけの合同上映会」の詳細が決定しました!

ビジュアルデザイン:おたま(映画チア部@_tama26


10月21日(土)・22日(日)にキネカ大森で、12月2日(土)には渋谷のユーロライブで開催します。日本では未公開・未配給の作品ばかり、この機会を逃すとなかなか観られない作品ばかりですので、ぜひ足を運んでいただければ……

それに加えてスペシャルニュース!あの柴田元幸さん、山崎まどかさん、Night Fox Clubなどのトークイベントも上映に合わせて開催!

公式HPはこちらから

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

タイムテーブルも発表いたします。

10月21日(土)キネカ大森


12:30- 当日券販売開始(前売り券はこちらから)

13:00-『サマーズ・タウン』Somers Town (監督:シェーン・メドウズ)[ 担当:岡俊彦 ]

14:30-『ベアフット』Barefoot(監督:アンドリュー・フレミング)[ 担当:岡俊彦 ]

16:20-『呼吸 – 友情と破壊』(監督:メラニー・ロラン)[ 担当:飯野絢平 協力:アンスティチュ・フランセ日本]

18:10-『ミュージック・オブ・チャンス』(監督:フィリップ・ハース)[ 担当:naito cinema ]+柴田元幸氏トークショー

 

10月22日(日)キネカ大森


12:30- 当日券販売開始(前売り券はこちらから)

13:00-『フォー・ライオンズ』Four Lions(監督:クリス・モリス) [ 担当:宮本泰輔 ]

15:00-『ニュー・カントリー』Det Nya Landet (監督:ジェリ・ハンスティーン・ヨーゲンセン) [ 担当:岡俊彦 ]

17:35-『タイニー・ファニチャー』Tiny Furniture (監督:レナ・ダナム)[ 担当:Gucchiʼ s Free School ] +山崎まどか氏トークショー

 

12月2日(土)ユーロライブ


11:00- 当日券販売開始(前売り券はこちらから)

11:30-『ラサーン・ローランド・カーク The Case of the Three Sided Dream- 過去・現在・未来そして夢』 The Case of the Three Sided Dream(監督:アダム・カーン)[ 担当:飯野絢平 ]+トークショー(予定)

14:30-『ノーザン・ソウル』Northern Soul(監督:エレイン・コンスタンティン) [ 担当:After School Cinema Club ]+ Night Fox Club トークショー

※18:30- Cafe&Diner スタジオにて DJ イベントを予定

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私たちGucchiʼ s Free Schoolは、レナ・ダナムが監督・脚本・主演を務める『タイニー・ファニチャー』を担当しています。本作はSXSW映画祭グランプリを獲得、それをきっかけにレナ・ダナムは実力が認められ、海外ドラマ『GIRLS/ガールズ』を制作しました。次世代を担う彼女の才能と可能性の詰まったインディペンデントの重要作が、待望の日本初公開です!もちろん字幕付きでお届け致します!(字幕翻訳:上條葉月)

この上映会で上映されるのは、各団体(個人)が、権利交渉から字幕付けまで、”ほぼ”独力で行っているという思い入れのある作品ばかりです。これを機会にインディペンデントな上映会、映画の個人配給が広がっていけばという願いをこめて。


チケット

各回 前売り券・当日券: 1,500円(※当日券は[キネカ大森:12:30-][ユーロライブ:11:00-]から販売)

前売り21日券:5,200円(1作品1300円)

前売り22日券:3,900円(1作品1300円)

前売り12/2券: 2,600円(1作品1300円)

前売り全日券(10/21、10/22、12/2):10,000円

前売り・予約はこちらから(9月16日0時から販売開始)

主催:After School Cinema Club、Gucchi’ s Free School、naito cinema、 飯野絢平、岡俊彦、宮本泰輔


MAIN ARTICLE

Killer of Sheep

スラム街に暮らす黒人たちの暮らしを鮮やかに描き、望まれながらも長らく劇場公開されなかった、黒人監督チャールズ・バーネットによる幻の傑作。 1970年代中頃、ロサンゼルスにあるワッツ地区。黒人たちが住むそのスラム街で、スタンは妻と息子、娘の4人で暮らしている。スタンは羊などの屠処理の仕事をし、一家は裕福ではなくても、それほど貧しくはない生活を送っていた。しかし仕事に励むなかで、日に日にスタンの精神は暗く落ち込み、眠れない日を送るなかで妻への愛情を表すこともしなくなっていた。 子供たちが無邪気に遊びまわっている街は、一方で物騒な犯罪が起き、スタンの周りの知人友人にも小さなトラブルは絶えない。 そんななか、家の車が故障したため知人からエンジンを買おうと出掛けるスタン。しかしエンジンを手に入れたスタンは、その直後思わぬ事態に見舞われるのであった……。

EVENTS

DIARY

REVIEWS

PUBLISHING