Gucchi's Free School

日本未公開・未発売の映画DVDを紹介する情報サイト

Gucchis Free School > イベント > イベント > 【青春映画学園祭】応援コメント 第2弾!

1474780208

【青春映画学園祭】応援コメント 第2弾!

10月8日、9日に開催される青春映画学園祭の応援コメント、第2弾が届きました!

今回も超豪華な方々に、学園祭、そして各作品へのコメントを頂戴しましたので、

以下にご紹介します!

(第1弾はこちらから!)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『タナーホール』

フランチェスカ・グレゴリーニ監督からのコメント

コメント字幕翻訳:長 夏実
英日映像翻訳者/Sister Magazineライター
OLをしながら映画祭やドキュメンタリーの翻訳をしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『タナーホール』

タチアナ・フォン・ファステンバーグ監督からのコメント

%e3%82%bf%e3%83%81%e3%82%a2%e3%83%8a

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『ビヨンド・クルーレス』

チャーリー・ライン監督からのコメント!!

%e3%81%a1%e3%82%83%e3%83%bc%e3%82%8a%e3%83%bc%e3%82%89%e3%81%84%e3%82%93%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『ティーンエイジ』

マット・ウルフ監督からのコメント!!

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%b3%e3%83%a1

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

学園祭応援コメント

プロムへ繰り出すことも、いかした車でクルージングすることも、スケボーで登校することもなかったMy高校時代。そんな俺にも、ときめいたり、切なかったり、熱くなったり、そんな瞬間は確かにあった。それを思い出させてくれる“青春映画”が大好きだ!
「青春映画学園祭」・・・めちゃくちゃ楽しそうなラインナップ!
速攻、偽の学生証を作ってパーティーに潜り込もう!

佐藤現(映画プロデューサー『百円の恋』『14の夜』)

 

※予告編動画内にあります『スラッカー』の上映は9月17日に終了しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10/8(土)15:20上映『ビヨンド・クルーレス』

「アメリカ学園映画とは、ティーンエイジャーが普遍的に抱く欲望や不安を反映した、現代の“神話”である」——アタマではなんとなくわかっているつもりだったこの真理を、ジャンル史を横断するかの如き圧倒的なカットアップ&コラージュによって一気に「体感」させられてしまう、恐るべき一本! 必見。

RHYMESTER 宇多丸(ラッパー、ラジオパーソナリティー)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10/9(日)11:00上映『ティーンエイジ』

“ティーンエイジャー”はかつてこの世に存在しなかった。え? だって“ティーンエイジ”という年代区分は、世界を二分した大きな戦争をきっかけに発明されたのだから。きらきらとまばゆく、もやもやとくすぶる、そんなかけがえない“ティーンエイジ”という季節の誕生を解き明かすドキュメンタリー。
貴重だし、面白いし、ためになります。

門間雄介(編集者、ライター)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

青春映画学園祭

会場:ユーロライブ

日程:108日(土)9(日)

一般:1,500

学園割引:1,300円(年齢を問わず制服を着ている方、偽ID(*1)をお持ちの方限定)

当日券は、当日10時より会場(ユーロライブ)にて、その日上映する全ての作品を販売致します。

※1日目券、2日目券、全日券は前売り券として渋谷TOEIで開催される前夜祭のみで販売致します(前売り券は数に限りがございます)

1日目券 4,300円(雑誌兼パンフレット付き)

2日目券 3,000円(雑誌兼パンフレット付き)

全日券 6,800円(雑誌兼パンフレット付き)

前売り券は整理番号付きです。当日は全日券、1/2日目券、当日券の順番でご入場いただけます。

※『スペクタキュラー・ナウ』は前売り券ではご入場出来ません。10月9日午前10時より整理番号を配布します。

パンフレットは単品500円で販売致します。

※全日券は一般より1200円お得!! 1日目券は700円、2日目券は500円もお得!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 【タイムテーブル】

108日(土)

タナーホール(Tanner Hall)』

10:50 開場

11:00 開演

ハイスクール マリファナ大作戦(High School)』

13:00 開場

13:10 開演

ビヨンド・クルーレス(Beyond Clueless)』

15:10 開場

15:20 開演

※上映後、山崎まどか氏(コラムニスト)、長谷川町蔵氏(文筆家、コラムニスト)によるスペシャルトークショー(50分)

109日(日)

ティーンエイジTeenage)』

10:50 開場

11:00 開演

シスターフッド・オブ・ナイト 夜の姉妹団(The Sisterhood of Night)』

12:40 開場

12:50 開演

<先着プレゼントあり!>

※上映後、柴田元幸氏(翻訳家)による朗読会およびスペシャルトークショー(50分)

スペクタキュラー・ナウ The Spectacular Now

15:55 開場

16:05 開演

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(※1)偽ID割引とは

この度の上映会では、青春映画らしく「偽ID割」を実施します!

(『スラッカー』上映時の、皆様渾身の偽IDはこちらから!)

本物の学生証を提示しても、ティーンムービーラヴァーとしては赤点ですので、割引になりません。ご注意ください!

以下のサンプルを参考にして(IDカードの素材や内容はお好きにどうぞ!)、偽のIDを持参していただきますよう、よろしくお願い致します!

image1(1)


MAIN ARTICLE

vlcsnap-2015-05-22-23h23m37s352

Killer of Sheep

スラム街に暮らす黒人たちの暮らしを鮮やかに描き、望まれながらも長らく劇場公開されなかった、黒人監督チャールズ・バーネットによる幻の傑作。 1970年代中頃、ロサンゼルスにあるワッツ地区。黒人たちが住むそのスラム街で、スタンは妻と息子、娘の4人で暮らしている。スタンは羊などの屠処理の仕事をし、一家は裕福ではなくても、それほど貧しくはない生活を送っていた。しかし仕事に励むなかで、日に日にスタンの精神は暗く落ち込み、眠れない日を送るなかで妻への愛情を表すこともしなくなっていた。 子供たちが無邪気に遊びまわっている街は、一方で物騒な犯罪が起き、スタンの周りの知人友人にも小さなトラブルは絶えない。 そんななか、家の車が故障したため知人からエンジンを買おうと出掛けるスタン。しかしエンジンを手に入れたスタンは、その直後思わぬ事態に見舞われるのであった……。

EVENTS

DIARY

REVIEWS

PUBLISHING