Gucchi's Free School

日本未公開・未発売の映画DVDを紹介する情報サイト

Gucchi's Free School > イベント > イベント > 『ヴァン・ワイルダー』アフタートークゲスト決定!『傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭』

『ヴァン・ワイルダー』アフタートークゲスト決定!『傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭』

12/15,16開催の『傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭』にて上映される『ヴァン・ワイルダー』のアフタートークゲストとして、ライターの鍵和田啓介さんラッパーの徳利さんのご登壇が決定いたしました!

(チケットはこちらから)

POPEYE(ポパイ) 2018年 9月号 [ハンバーガーと一緒に……。]
でコメディ小特集の責任編集を務め、「ハーバード・ランプーン」出身(!)のデーヴィッド・マークス氏のインタビューを実現された鍵和田啓介さん。

素晴らしい楽曲はいわずもがな、映画愛溢れる面白すぎのPVも制作されている(徳利「清澄白河」をぜひ!)、徳利さん。

お二人をゲストに呼ぶことができ、大変感動しております。

ライアン・レイノルズの隠れた(隠された?)傑作、爆笑学園コメディ『ヴァン・ワイルダー』をジャンルの異なる世界でご活躍中のお二人がどのように語るのか、ぜひご注目ください!

***

鍵和田啓介(ライター)
1988年、東京都生まれ。大学在学中に爆音映画祭を主宰する映画批評家の樋口泰人に見出されてライター活動を開始。以後、『POPEYE』『GINZA』『BRUTUS』など雑誌を中心にポップカルチャーにまつわる記事を執筆。著書にイラストレーターの長場雄との共著『みんなの映画 100選』。

***

徳利 (ラッパー)
福岡県出身。2011年に徳利活動を開始。
2012年に発表した自虐的な思い出ツイートを音読した徳利からの手紙が話題を呼び、インターネットを中心に局地的な支持を集め始める。その勢いのままTVCMにも出演。
2017年 フリーEP 「FDH」を発表。
クリエイティブスタジオON AIRのメンバーでもある。
2018年に拠点を福岡から東京に移し、日々徳利を頑張るをモットーに活動中。


また『傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭』のチラシも完成!

都内映画館などに配布予定です。そのほかチラシ配布にご協力いただける方、ぜひご連絡いただければ幸いです。何卒よろしくお願い致します!

   


【傑作?珍作?大珍作!! コメディ映画文化祭】ご紹介いただいた皆様

MIHOシネマさん
全上映作品それぞれのあらすじや注目ポイントなどをご紹介くださいました!

GIRL HOUYHNHNMさん
『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』や『パンチドランク・ラブ』など詳しく見どころをご紹介してくれています!

Cinemarcheさん
『マネキン』についてとても詳細なレビューを書いてくださいました!


COMMENTS

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「送信する」ボタンを押してください。

MAIN ARTICLE

Killer of Sheep

スラム街に暮らす黒人たちの暮らしを鮮やかに描き、望まれながらも長らく劇場公開されなかった、黒人監督チャールズ・バーネットによる幻の傑作。 1970年代中頃、ロサンゼルスにあるワッツ地区。黒人たちが住むそのスラム街で、スタンは妻と息子、娘の4人で暮らしている。スタンは羊などの屠処理の仕事をし、一家は裕福ではなくても、それほど貧しくはない生活を送っていた。しかし仕事に励むなかで、日に日にスタンの精神は暗く落ち込み、眠れない日を送るなかで妻への愛情を表すこともしなくなっていた。 子供たちが無邪気に遊びまわっている街は、一方で物騒な犯罪が起き、スタンの周りの知人友人にも小さなトラブルは絶えない。 そんななか、家の車が故障したため知人からエンジンを買おうと出掛けるスタン。しかしエンジンを手に入れたスタンは、その直後思わぬ事態に見舞われるのであった……。

EVENTS

DIARY

REVIEWS

PUBLISHING