Gucchi's Free School

日本未公開・未発売の映画DVDを紹介する情報サイト

Gucchi's Free School > イベント > イベント > ムービーマヨネーズ2 刊行記念トークショー@京都・大阪・神戸

ムービーマヨネーズ2 刊行記念トークショー@京都・大阪・神戸

この度、京阪神の書店さんにご協力頂き、リトルプレス「ムービーマヨネーズ2」の刊行を記念し、5/17〜19に、京都・大阪・神戸の3都市をめぐるトークイベントを行うことになりました! 本当に感謝!

5/17(金)は恵文社一乗寺店 COTTAGEさん!(京都)

ゲストには今年リニューアルオープンを控えている京都みなみ会館さんの吉田由利香館長とスタッフの尾関成貴さん!

ムビマヨのことから上映したい未公開映画など色々とお話したいと思っております。

http://www.cottage-keibunsha.com/events/20190517/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

5/18(土)は1003さん!(神戸)

ムービーマヨネーズ2でお料理ページを執筆してくださった、308さんによるお菓子販売もあります!

いつもグッチーズの上映イベントでグッズをつくっていただいているナインストーリーズさん(ムビマヨ2では書評ページを担当してくださってます!)とムビマヨをじっくりお話できればと思っております。

さらに、元町映画館の林未来支配人にもお越しいただけることになりました!

https://1003books.tumblr.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

5/19(日)はblackbirdbooksさん!(大阪)

なんとHomecomingsの福富優樹さんが来てくださいます! 凄まじい!

福富さんはHomecomingsさんはもちろん、漫画『CONFUSED!』(月刊コミックビーム)でもストーリーを手がけられたり、映画+ライブイベント「NEW NEIGHBORS」も企画されたりと素晴らしいご活躍をされているので、大変楽しみです!

http://blackbirdbooks.jp/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

すべての会場で来場特典としてミニマヨ0号をお配りしようと思っております。

ミニマヨはムービーマヨネーズ の小さい版です。鋭意製作中でございます!

以下、詳細になります。

***

ご予約は、各会場のメール・電話・店頭にて承ります。定員になり次第、締めきらせて頂きます。

入場特典:ムービーマヨネーズ番外編ミニ冊子

神戸と大阪会場ではムービーマヨネーズに執筆している、308によるお菓子販売があります。こちらもお楽しみに。

Kyoto

5.17 (金)  恵文社一乗寺店 COTTAGE

tel:075-711-5919| mail: info@keibunsha-books.com |hp:http://www.keibunsha-store.com

Open 18:30  start 19:00 (90分)|¥1500(ミニマヨ付き)|定員40名

Guest  吉田由利香(京都みなみ会館館長)|尾関成貴(京都みなみ会館スタッフ)

Kobe

5.18 (土)  1003

兵庫県神戸市中央区元町通3-3-2  IMAGAWA BLDG. 2F
tel:050-3692-1329|mail:1003books@gmail.com |hp:https://1003books.tumblr.com

Open 18:00  start 18:30 (90分)|¥2000(ドリンク・ミニマヨ付き)|定員 20名

Osaka

5.18 (日)  blackbirdbooks

tel:06-7173-9286|mail:info@blackbirdbooks.jp |hp:http://blackbirdbooks.jp/

Open 18:00  start 18:30 (90分)|¥1500(ミニマヨ付き)|定員25名

Guest 福富優樹 (Homecomings)

企画 Gucchi’s Free School  NINESTORIES


COMMENTS

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「送信する」ボタンを押してください。

MAIN ARTICLE

Killer of Sheep

スラム街に暮らす黒人たちの暮らしを鮮やかに描き、望まれながらも長らく劇場公開されなかった、黒人監督チャールズ・バーネットによる幻の傑作。 1970年代中頃、ロサンゼルスにあるワッツ地区。黒人たちが住むそのスラム街で、スタンは妻と息子、娘の4人で暮らしている。スタンは羊などの屠処理の仕事をし、一家は裕福ではなくても、それほど貧しくはない生活を送っていた。しかし仕事に励むなかで、日に日にスタンの精神は暗く落ち込み、眠れない日を送るなかで妻への愛情を表すこともしなくなっていた。 子供たちが無邪気に遊びまわっている街は、一方で物騒な犯罪が起き、スタンの周りの知人友人にも小さなトラブルは絶えない。 そんななか、家の車が故障したため知人からエンジンを買おうと出掛けるスタン。しかしエンジンを手に入れたスタンは、その直後思わぬ事態に見舞われるのであった……。

EVENTS

DIARY

REVIEWS

PUBLISHING