Gucchi's Free School

日本未公開・未発売の映画DVDを紹介する情報サイト

Gucchi's Free School > イベント > イベント > 『サポート・ザ・ガールズ』応援コメント!

『サポート・ザ・ガールズ』応援コメント!

渋谷パルコさんん主催のカルチャーの祭典〈P.O.N.D.〉の企画内の上映イベント、『サポート・ザ・ガールズ』WHITE CINE QUINTOさんでの1日限りの日本初上映ですが、その〈P.O.N.D.〉で参加クリエイターの皆さんに応援コメントをいただきました!
ありがとうございます!

映画のチケットはこちらから。


圧倒的なガールズパワーを感じる作品。
背中を押された気持ちになってる!
私もこんな、強い仲間を作りたい!!

なみちえ(アーティスト)

** ** ** ** なみちえさん参加企画 ** ** ** ** 

PARCO MUSEUM TOKYO

ペインター、写真家、ファッションデザイナー、陶芸家、フラワークリエイターなど十人十色の15チーム(組)が、“Re-generation(再生)”をテーマに作品を展示します。現場でしか体験できないユニークな仕掛けも多数。エネルギーあふれる、カオスな空間をお楽しみください。

会  期:2020年10月16日(金)‐10月25日(日)11:00~21:00
※入場は閉場の30分前まで ※最終日は18時閉場
会  場:PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷PARCO 4F)
入場料:無料
空間ディレクション:村上諒平(studioBOWL)

CREATORS


リッサ〜ッ! こんな上司最高。
働いてるガールズがいきいきしてる!

aggiiiiiii(ジンスタ/ライター)

** ** ** ** aggiiiiiiiさん参加企画 ** ** ** **

会  期:2020年10月23日(金)‐10月25日(日) 11:00~17:00
会  場:GALLERY X(渋谷PARCO B1F)東京都渋谷区宇田川町15-1
入場料:無料
空間ディレクション:村上諒平(studioBOWL)


彼女達と私は紙一重で同じ地獄を共有している
だからこそ身を寄せ合い懸命に生き抜くその姿が、胸を突いた

升味加耀(演劇ユニット・果てとチーク主宰)

** ** ** ** 升味加耀(果てとチーク)さん参加企画 ** ** ** ** 

DRAMA ACT

2020年10月25日(日) 20:00~

青年団演出部所属の主宰・升味加耀と俳優・川村瑞樹の演劇ユニット〈果てとチーク〉による書き下ろしの演目『いつかなれるよ』を生配信。センチメンタルホラー。登場人物は大体死ぬか、すでに死んでいる。
大きな世界とちっぽけな人々の絶望的に変わらない状況へのヘイトを、そこはかとないホープでせっせとくるみつつ、できうる限りポップに描く。
出演者:いよたなるみ/川綱 治加来/福井 夏(柿喰う客/しあわせ学級崩壊)/川村瑞樹 升味加耀(以上、果てとチーク)
作・演出:升味加耀
音楽・演奏: 僻み ひなた(しあわせ学級崩壊 /上座部)


あらゆる差別が存在するこの世界で、
どんな相手に対しても自身の正義を貫く彼女たちに心が痺れました。

添田奈那(ペインター)

** ** ** ** 添田奈那さん参加企画 ** ** ** **

PARCO MUSEUM TOKYO

ペインター、写真家、ファッションデザイナー、陶芸家、フラワークリエイターなど十人十色の15チーム(組)が、“Re-generation(再生)”をテーマに作品を展示します。現場でしか体験できないユニークな仕掛けも多数。エネルギーあふれる、カオスな空間をお楽しみください。

会  期:2020年10月16日(金)‐10月25日(日)11:00~21:00
※入場は閉場の30分前まで ※最終日は18時閉場
会  場:PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷PARCO 4F)
入場料:無料
空間ディレクション:村上諒平(studioBOWL)

CREATORS


COMMENTS

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「送信する」ボタンを押してください。

MAIN ARTICLE

Killer of Sheep

スラム街に暮らす黒人たちの暮らしを鮮やかに描き、望まれながらも長らく劇場公開されなかった、黒人監督チャールズ・バーネットによる幻の傑作。 1970年代中頃、ロサンゼルスにあるワッツ地区。黒人たちが住むそのスラム街で、スタンは妻と息子、娘の4人で暮らしている。スタンは羊などの屠処理の仕事をし、一家は裕福ではなくても、それほど貧しくはない生活を送っていた。しかし仕事に励むなかで、日に日にスタンの精神は暗く落ち込み、眠れない日を送るなかで妻への愛情を表すこともしなくなっていた。 子供たちが無邪気に遊びまわっている街は、一方で物騒な犯罪が起き、スタンの周りの知人友人にも小さなトラブルは絶えない。 そんななか、家の車が故障したため知人からエンジンを買おうと出掛けるスタン。しかしエンジンを手に入れたスタンは、その直後思わぬ事態に見舞われるのであった……。

EVENTS

DIARY

REVIEWS

PUBLISHING